副作用はあったのか?

結論をいうと、いまのところ、私自身はとくに副作用を自覚したことはありません。ですから、正直にいうとピンとこないのですが、調べてみると、なるほど、副作用の危険性を訴えているサイトもすぐに見つけられます。 とくに、一番多いのが、頭皮の炎症のようですね。

ただ、これは、もともと敏感肌の人に認められるケースが多い、という指摘もたくさんあります。 ほんとうのところはわからないですが、とにかく言えることは、副作用のリスクがゼロではない、ということです。

公式サイトにも注意喚起がなされている

実際、リアップの公式サイトにも、注意呼びかけのような文言も掲載されています。不安な方は、ここにURLを貼っておきます(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/faq/)ので、一度、自分の目で確認してみては? 最後になりますが、個人的には、育毛剤を使う以上、多かれ少なかれ、リスクは生じます。かゆみや炎症といった具体的なものはもちろん、せっかく安くないお金を払って購入したのに結果的に生えなかった、というのも、充分なリスクではないでしょうか。

私の場合でいうと、近い未来迫り来るハゲにもの凄く不安になり、なによりもそれを避けたい。どうしても髪を生やして薄毛から生還したい。。そういう気持ちが強かったため、実際に生えた、という意見が一番多いように思えたリアップを使用してみた。ただそれだけなのです。

© リアップとハゲと私 all rights Reserved 2015