ヘアサイクルを重視すれば効果が上がる

さて、では、なぜリアップを使えばハゲを脱却できるのでしょう。多少専門的になりますが、頑張ってぜひ頭に入れてみてください。漠然と使用するよりも、多少なりとも理解することで、生えるまでの助走期間が、多少なりとも楽しくなるかもしれません。

髪の毛には寿命がある

これは、基本中の基本ですが、みなさん案外知らないかもしれません。実際、私がそうでしたから。 ようするに、どんな髪の毛にも、抜けない髪はない、ということです。どんな髪の毛もかならず抜け、そして、同じ箇所からまた、新しい髪の毛が生えてくるのです。この 一連の流れを繰り返すことで、私たちは髪の毛の量を維持しています。これを総称したものが、つまり、ヘアサイクルです。

壮年性脱毛症がヘアサイクルを乱す

壮年性脱毛症になると、つまり、このヘアサイクルが正常ではなくなります。具体的には、使命を終えた髪の毛が抜けたのち新しく生えてきた髪の毛が、本来のすくすくとした成長期を迎えるまでに抜けてしまうのです。 成長期が短くなることで、必然的に、退行期を迎えるのが早くなります。すると当然、抜けていく量が生えてくる量を上回ってしまいます。これがいわゆるヘアサイクルの乱れ、というわけです。

主成分、ミノキシジルがヘアサイクルを正常に戻す

そこで、リアップの主成分、ミノキシジルの出番です。 正常な成長期を迎えられない最大の理由は、毛包という、成長を司る核のような部分の元気がなくなるためです。退行期を迎えた毛包は本来の大きさが失われ、ぎゅ、と小さく縮み上がってしまうのです。

ミノキシジルは、そんな小さく縮み上がった毛包にダイレクトに伝わり、大きくさせる能力を持っています。本来の元気を取り戻した毛包は、正常な成長期を支え、本来のヘアサイクルを私たちの髪の毛に思い出させてくれます。ミノキシジルがヘアサイクルを正常に戻すメカニズム、おわかりいただけたでしょうか?

© リアップとハゲと私 all rights Reserved 2015